明治改元(1868年)から150年の節目に、日本の宮廷文化の貴重な資料を特別展示。
大正天皇即位礼の模型・等身大装束などの展示に加え、
平安時代の『源氏物語』六條院を具現化。
十二単着装実演や時代衣裳着付け体験(1/2-3のみ)も行います。

戦国の世の終りから265年間つづいた江戸という貴重な時代と江戸城を、
ヨーロッパのお城との比較やその変遷、そして全国の再建運動を通して展示します。

同時開催

〈連学〉日本の中・近世史と “今” を「お城」から語る

2018年1月4日(木)〜6日(土)
会場:ガラス棟会議室

プログラム(予定)
日本の城とヨーロッパの城
(広島大・三浦教授)
保科正之と江戸朱子学以降
(未定)
戦国武士の時代と人間太田道灌
(第18代子孫・太田資暁)
今、歴史が動く
(元NHKアナウンサー・松平定知)

※内容は追加、変更の場合があります。
※詳細は決まり次第、公式サイトでお知らせします。

お問い合せNPO法人 江戸城天守を再建する会 TEL. 03-6423-1882